FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH1推定について(伝達関数のノイズ低減)

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH1推定について説明します。 MATLABのコードも載せています。
機械エンジニアのTIPS

機械エンジニアのTIPS ヘッドハンティングされた話(笑)

会社宛てに怪しいヘッドハンティングの手紙が来ました(笑) この手の内容に騙されないように情報を発信したいと思います。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理 平均化によるノイズの低減(時刻歴編)

「平均化するとノイズの影響を低減できる」って良く聞きますよね? ただ、実測データを扱わない人(実験をしない人)はあまり理解できませんよね。 なぜかというと、そもそも扱うデータに誤差が混入していないからです。 本記事では、平均化によるノイズの低減(誤差の低減)について説明したいと思います。 今回は”平均化”についての1回目の記事ということで、はじめて勉強する方にイメージをつかんでもらうことを目的としています。次回以降でより専門的な内容について紹介していきます。
MATLAB

MATLABのTips コードを非公開にする方法(暗号化?)

みなさんMATLABを使っていて、こんな時ありませんか? コードを共有したいけど中身を見せたくない(コードを変更・編集されたくない、コードについての質問されるのが面倒、ノウハウがつまっており公開したくない、なんとなく見せたくない) 会社の規定で社外に情報を出すには暗号化(難読化)しないとダメ、コード公開することのリスクが見積もれないので、まずは暗号化して公開したい 上記問題を解決する方法として、MATLABのファイルを非公開(難読化)にする方法を紹介させていただきます。
AdSense

その他 “ お客様の AdSense アカウントでの広告配信を制限しました”

Google Adsenseによる広告の配信が制限されました。 「制限」という表現を使っていますが、「中止」の状態です。 “Why American people?”って感じですが、どうやら自分が原因だったようです。 本記事では、広告制限された原因について情報共有したいと思います。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理 【完全版】振動・騒音のfftおよびオートパワーのプログラム

振動や騒音の周波数分析をするのにfftを用いますが、MATLABで"fft"と実行するだけでは、振動や騒音の周波数分析としては正しくありません。また、窓関数を使った場合は、振幅が小さくなってしまうので、それを補正してもとに戻す必要があります。本記事では、窓関数の補正も含めて振動や騒音で使用できるfftのfunctionファイルを提供します。
MATLAB

MATLABで学ぶ振動工学 質量付加を利用したロバスト最適化

バネマスモデルを用いてロバスト最低化の方法について説明します。
MATLAB

MATLABで学ぶ信号処理  聴覚補正フィルタについて(A特性フィルタ~D特性フィルタまで)

意外と知られていませんが、聴覚補正フィルタは関数で表されます。なので、だれでも簡単にフィルタを作ることができます。本記事ではA~D特性フィルタの関数を紹介し、それらの補正フィルタのコードを公開しています。
MATLAB

MATLABで学ぶ振動工学 質量付加を利用した構造最適化

バネマスモデルを用いて「質量付加による伝達関数の変化」の予測式の説明をします。この予測式を使うと、実測のFRFだけを使って付加質量による変化を予測することができます。更に、この予測式を発展させることで実測のFRF結果だけを使って、振動を低減する方向性を理解することができます。
MATLAB

MATLABで学ぶ振動工学 質量付加による伝達関数の変化

質量付加による伝達関数の変化は理論式で予測することができます。本記事ではその理論式を紹介し、その精度をバネマス系で検証しました。