信号処理

スポンサーリンク
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 コヒーレンス関数について

周波数応答関数(FRF)の信頼性を評価する指標としてコヒーレンス関数があります。この記事ではコヒーレンス関数の数式を紹介し、最もプログラミングしやすい数式で、MATLABのプログラムを作成して、そのコードを公開しています。また、コヒーレンス関数の大まかな特徴を例題をもとに示しています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学・信号処理 【完全版】FRF(周波数応答関数)のプログラム

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定があります。これらの理論式を紹介し、それぞれの推定手法の比較検証を行いました。MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH3推定およびHv推定について

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH3推定とHv推定について説明します。MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH2推定について

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH2推定について説明します。また、コヒーレンス関数(Coherebce Function)についても少しだけ説明しています。 MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH1推定について(伝達関数のノイズ低減)

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH1推定について説明します。 MATLABのコードも載せています。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理 平均化によるノイズの低減(時刻歴編)

「平均化するとノイズの影響を低減できる」って良く聞きますよね? ただ、実測データを扱わない人(実験をしない人)はあまり理解できませんよね。 なぜかというと、そもそも扱うデータに誤差が混入していないからです。 本記事では、平均化によるノイズの低減(誤差の低減)について説明したいと思います。 今回は”平均化”についての1回目の記事ということで、はじめて勉強する方にイメージをつかんでもらうことを目的としています。次回以降でより専門的な内容について紹介していきます。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理 【完全版】振動・騒音のfftおよびオートパワーのプログラム

振動や騒音の周波数分析をするのにfftを用いますが、MATLABで"fft"と実行するだけでは、振動や騒音の周波数分析としては正しくありません。また、窓関数を使った場合は、振幅が小さくなってしまうので、それを補正してもとに戻す必要があります。本記事では、窓関数の補正も含めて振動や騒音で使用できるfftのfunctionファイルを提供します。
MATLAB

MATLABで学ぶ信号処理  聴覚補正フィルタについて(A特性フィルタ~D特性フィルタまで)

意外と知られていませんが、聴覚補正フィルタは関数で表されます。なので、だれでも簡単にフィルタを作ることができます。本記事ではA~D特性フィルタの関数を紹介し、それらの補正フィルタのコードを公開しています。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理  窓関数処理後の振幅とパワーについて2

市販のFFTアナライザや計測器で計測したスペクトルやオートパワー、オクターブの結果と、自作のMATLABやPythonプログラムで時刻歴波形から計算したスペクトルやオートパワー、オクターブが一致しないことがあります。それは、窓関数による振幅やエネルギーの補正が間違っているか、使い分けができていないことが原因です。この記事では窓関数の補正について詳しく述べています。小野測器のDSシリーズ、シーメンスのScadas、Brüel & KjærのPulseなどの計測器を使用していると考えられます。 その計測器でオートパワーもしくはスペクトルを計測している。また、オクターブ結果やO.A.結果も測定・計算している、ということだと思います。 そして、計測器で測定・計算したオクターブ結果やO.A.結果と、自分でオートパワーから計算したオクターブ結果やO.A.結果が一致しない、ということで質問してきたのだと思われます。
MATLAB

MATLABで学ぶ信号処理・音響工学 音場制御のプログラミングについて5 (Planarity Optimization)

University of SurreyがAudio Engineering Societyで提案した論文"Optimizing the planarity of sound zones"に記載されている"Planarity"という音場最適化手法について、評価関数や最終的な入力ベクトルの求め方を数式とMATLABのプログラムを示しながら説明します。
スポンサーリンク