MATLAB

スポンサーリンク
MATLAB

MATLABで学ぶ信号処理・音響工学 音場制御のプログラミングについて2 (最小二乗法を用いた最適化)

最小二乗法を用いた音場最適化制御方法について、理論式やMATLABプログラムを示しながら説明します。ここまで簡単に詳しく説明してくれている文献はほかにないので、ぜひ読んでみてください。
MATLAB

MATLABで学ぶ信号処理・音響工学 音場制御のプログラミングについて1

本記事ではフィードフォワードの音場制御方法の理論について、数式とMATLABのコードを交えながら説明いたします。理論としてはすごくシンプルなので、高校生でも理解できると思います。
MATLAB

MATLABのTips figureを見やすく並べて表示する方法

MATLABでfigureを出力すると、重なって表示されるため、見にくいです。 その問題を解決する方法を紹介します。
MATLAB

MATLABのTips 伝達関数行列の効率的なコーディング

今回は伝達関数行列のコーディングについて紹介したいと思います。ちなみに伝達関数行列は、各周波数における伝達関数を入力×応答数分に配置した行列です。 cell関数を使うか、3階のテンソルとして表現するかの2つの方法がありますが、本記事では3階のテンソルでのコーディングのメリットを説明します。
MATLAB

MATLABのTips maxやminの裏ワザ

本日はmaxとminの隠れた機能について説明します。使いこなせればコードが非常に短く書くことができます。 実はmaxやminにはあまり知られていない使い方があります。この機能が非常に便利なときがあるので覚えておいて損はないです。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理  窓関数処理後の振幅とパワーについて1

本記事では、窓処理がfft結果の振幅やパワースペクトルに及ぼす影響について説明します。また、振幅とパワースペクトルの関係について詳しく説明します。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理  窓関数について

fttと窓関数の関係についてざっくりと説明します。 ざっくりなので、専門家には指摘したい箇所があると思いますが、実用上は下記の理解で困らないと思うので、大目に見てください。
FFT関係

MATLABで学ぶ信号処理  高速フーリエ変換(fast Fourier transform:fft)について 1

MATLABにはfft関数が用意されていて、簡単に誰でもfftができます。しかし、振動・騒音関係でMATLABのfftを使用する場合は注意が必要です。 騒音器や振動測定器で測定した時間波形をMATLABやPythonなどのプログラムで単純にfftをすると、騒音器や振動測定器で測定した”周波数分析結果”と一致しません。 今回は測定器の周波数分析結果と自作プログラムのFFT結果が異なる原因を説明したいと思います。また、騒音器や振動測定器と同様の結果が得られるようにFFTのプログラムを作成するにはどうすればいいかを紹介いたします。
MATLAB

MATLABで学ぶ音響工学 閉空間(直方体)3

前回はFRFのみを算出したため、その結果を考察することが難しかったです。今回はその結果を可視化したいと思います。
MATLAB

MATLABで学ぶ音響工学 閉空間(直方体)2

今回は閉空間内の音圧の算出方法について紹介します。 なお、式の導出過程が難しいので、最終的な式のみを記載します。 (詳しい導出過程は右記参考文献でお願いします→P.A. Nelson, "Active Control of Sound", Academic Press(1993))
スポンサーリンク