FRF

スポンサーリンク
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 コヒーレンス関数について

周波数応答関数(FRF)の信頼性を評価する指標としてコヒーレンス関数があります。この記事ではコヒーレンス関数の数式を紹介し、最もプログラミングしやすい数式で、MATLABのプログラムを作成して、そのコードを公開しています。また、コヒーレンス関数の大まかな特徴を例題をもとに示しています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学・信号処理 【完全版】FRF(周波数応答関数)のプログラム

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定があります。これらの理論式を紹介し、それぞれの推定手法の比較検証を行いました。MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH3推定およびHv推定について

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH3推定とHv推定について説明します。MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH2推定について

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH2推定について説明します。また、コヒーレンス関数(Coherebce Function)についても少しだけ説明しています。 MATLABのコードも載せています。
FRF

MATLABで学ぶ振動工学 FRFのH1推定について(伝達関数のノイズ低減)

伝達関数(周波数応答関数:Frequency Response Function(FRF))には、H1推定、H2推定、H3推定、Hv推定というようにいくつか種類があります。 本記事ではH1推定について説明します。 MATLABのコードも載せています。
スポンサーリンク