(MATLABで解説) 長松昭男著:モード解析入門 0章:目次

「著名な参考書を解説して欲しい」という要望がありましたので、復習も兼ねて解説していこうと思います。

振動分野で最も読まれている本と噂されている
東京工業大学の長松昭男先生の「モード解析入門」を解説していこうと思います。
購入を検討の方は参考までに下記にリンクを添えておきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 モード解析入門 長松昭男 【古本・古書】
価格:9400円(税込、送料別) (2021/10/13時点)

 

本記事では、MATLABで解説できそうな内容をメモがてら目次に対応させて紹介します。

  1. はじめに
  2. 1自由度系
    2.2 不減衰系の自由振動
    2.2.1 振動の数学表現
    2.2.2 固有振動数
    2.3 減衰系の自由振動
    2.3.3 減衰自由振動
    2.3.5 単位衝撃応答
    2.4 不減衰系の強制振動
    2.4.4 振動数による応答振幅の変化
    2.5 減衰系の強制振動
    2.5.5 基礎への伝達カ
    2.5.6 基礎加振による応答
    2.6 周波数応答関数
    2.6.1 定義
  3. 多自由度系
    3.1 不減衰系の自由振動
    3.1.1 運動方程式
    3.1.2 2自由度系
    3.1.3 多自由度系
    3.1.4 固有振動数と固有モード
    3.1.5 固有モードの直交性
    3.1.6 モード質量とモード剛性
    3.1.7 質量正規固有モード
    3.1.8 モード座標
    3.2 減衰系の自由振動
    3.2.1 運動方程式
    3.2.2 比例粘性減衰系
    3.2.3 等価 1自由度系
    3.2.4 一般粘性減衰系
    3.3 強制振動
    3.3.1 運動方程式
    3.3.2 周波数応答関数
    3.4 数値例
    3.4.1 2自由度系
    3.4.2 3自由度系
  4. 信号処理
    4.6.1 方形波と単位衝撃
    4.6.2 単位衝撃応答
    4.6.3 入出力波形と周波数応答関数
    4.6.4 運動方程式
    4.7 誤差
    4.7.1 入力誤差
    4.7.2 折り返し誤差
    4.7.3 盤子化誤差
    4.7.4 分解能誤差
    4.7.5 漏れ誤差と窓関数
    4.8 相関
    4.8.1 自己相関関数
    4.8.2 パワースペクトル密度関数
    4.8.3 相互相関関数
    4.8.4 クロススペクトル密度関数
    4.8.5 周波数応答関数と関連度関数
  5. 振動試験
    5.5.6 2度叩き
    5.5.7 誤差と窓関数
    5.7 周波数応答関数の信頼性
  6. モード特性の同定
    6.2 1自由度法
    6.2.1 周波数応答関数の大きさを用いる方法
    6.2.2 周波数応答関数の虚部を用いる方法
    6.2.3 周波数応答関数の実部と虚部を用いる方法
    6.2.4 モード円適合
    6.2.5 自由振動による減衰の推定
    6.2.6 考察
    6.3 多自由度法
    6.3.1 偏分反復法
    6.3.2 プロニーの方法
    6.3.3 周波数領域法と時間領域法の比較
    6.3.4 混合法

コメント